東日本大震災で学んだ!防災セットを用意しよう! おすすめの防災セット

9月1日は防災の日。私自身、東日本大震災で被災しました。
私は被災当時、防災グッズを持ってなくて苦労しました。

みさなん、防災グッズ絶対に用意しておいたほうがいいですよ。被災してからでは遅いです。
まだ家に防災グッズがない人は、この機会に用意しておくべきです。めんどくさいからそのうち、、、私には関係ないから、、、
こう思ってるといつかはやってきますよ

 

でもいざ防災グッズを買い揃えるとなると選ぶのが大変。そんなめんどくさいのはちょっと。
そんな人におすすめなのが防災セットです。

 

 

1.販売数15万個!防災士がセレクトした、地震対策30点避難セット

被災者の声を元に防災士がセレクトした、地震対策30点避難セット。
重量が約5kgなので、子供やこれ医者がいる家庭でもOK。
ッドデザイン賞も取っているので防災リュックなのにおしゃれ。部屋においといてもあんまり違和感なしです。

実際に熊本地震の時に使用され、高評価でした。
テレビでもだいぶ取り上げられていて、15万個売れてる間違いない防災リュックです。

防寒用具がカイロ、レインコートと少ないので購入しましょう。

 

ダイナモ多機能ライト 災害備蓄用5年保存水(500ml×4本) 5年保存缶詰ソフトパン(100g×3) 食品加熱袋 加熱剤
非常用簡易トイレ(×3袋) アルミブランケット アルコール除菌ジェル マルチツール エアーまくら
アイマスク 耳栓 スリッパ 非常用給水袋 水のいらないシャンプー
緊急用呼子笛(IDカード付き) レジャーシート 軍手 非常用ローソク マッチ
布ガムテープ レインコート カイロ(×2) 三角巾 乾電池(×4)
マスク 緊急時連絡シート 防災アドバイス 救急ポーチ 救急セット

 

 

2.東日本大震災で被災した会社が作った防災リュック 「非常用持ち出し袋36点セット」

 

 

こちらは東日本大震災で被災した会社が考案、販売しています。

実際に災害が起きた時に、寒さがある季節では寒さと戦うのがしんどいです。実際に東日本大震災は3月に起きましたが、普通に雪降ってました。

こちらのセットは東北らしく防寒対策のグッズも入っています。特に冷熱遮断シートが入ってるのがおすすめ。地熱をシャットしてくれます。

品数も多く、お値段も手頃なのがよければこちらをどうぞ。

防災士と防災用品トップメーカーの共同開発SHELTERセット

 

 

防災用品メーカーLA・PITA と防災士が共同開発した防災リュックです。REXUSや日本郵便などとも取引があるので信頼性抜群です。有名メーカーがいい!という人はこちらをどうぞ

この商品は現在取り扱いされていません

 

迷ったらとりあえずこの中から買いましょう

防災セットも探すと種類が豊富です。なので、人気がある商品をとりあえず買いましょう。
一生に一回使うかどうかですが、その一生に一回がくるかもしれません。

お金でもしもの時を解決できるのであれば準備に越したことはありません。
あれやこれや考えなくても、これ一つあればとりあえず揃います。防災セットを買いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です