COVALをわかりやすく説明してみたら?

はい!
スガヤチギです。
ブログ始めて、約2ヶ月が経とうとしています。

仕事とかでできない時は別として、

おおよそ1日1更新はできているかなー!

んで、今日はツイッターでこんなことがありました。

あ、tatoka_tatoka2は

私、スガヤチギでございます。

これ言われたら書くしかないな。

あれ?でも前に書いた気がする、、、、

http://sugayachigi.com/archives/1330500.html

改めて読み返すと、

全然わかんねーよ!俺!

なので、リライトではないですが、
covalについてわかりやすく書いてみます。

まず、covalの前に2つ説明します。


・Loyyalという会社(プロジェクトかな)の説明。


Loyyalをわかりやすくいうと、

世の中いろんなポイントありすぎ!(日本でいうとTUTAYAとかnanacoとか)
これ一つにまとめられるようにできたらめっちゃ便利じゃね!?
じゃ、やろうよ!
ってことです。


・ドバイポイントの説明

 

以下引用です

 

Loyyalは、ドバイの世界的なBlockchain会議にて『ドバイポイント』を発表しました。『ドバイポイント』は、観光地に訪れた人にポイントを報酬として贈呈するサービスを提供し、観光事業を活発化させようとする世界初のブロックチェーンとスマートコントラクト技術を使用する最大の公共/民間部門のコラボレーション事業です。

ドバイポイントは、旅行者のスマホとアプリを利用し、独自のライフスタイルならびに時刻、過去の行動、場所、年齢、その他のデータをもとに、参加した場所で動的にポイントを授与したり、ポイントを引換できます。それは、お客様の経験を通じて価値を提供し、顧客ロイヤリティを高めるというデータを利用した最新のマーケティングです。

クリプトパーク



で、次にcovalです。

covalには、いくつかプロジェクトがあります。
一番期待できるのは、
このLoyyalのポイントとの交換できるようになる事です。

 

Loyyalに参加しているサービスの一つとしてCOVALがあります。

COVAL開発者のシャノン氏はLoyyal内で働いてる)
Loyyalは、システム内でポイントを暗号通貨とみなしません。
Loyyalで存在している暗号通貨はCOVALだけです。
ポイントを交換できる暗号通貨もCOVALだけです。

 

これをとてつもなく簡単にまとめると

Loyyalがいろんなポイントを
まとめるポイント作るぞ!

ドバイポイントも作るぞ!

2020年ドバイ万博あるから絡んでたらいいな!(これはスガヤチギの妄想です)

Loyyalポイントと交換できるのはCOVALだけだぞ!

もしかしたら
ドバイポイントも交換できるぞ!

(これも希望です)

だったらCOVAL買っておくか!!

って感じです。

そのほかにもCOVALにはVocalというシステムもあります。

Vocalは簡単にいうと、送金の際に音声を載せられるという事です。

普通の音声メッセージもそうですし、

ミュージシャンが音楽を売ったりすることもできるようになります。

また、CORDファンドも最近発表しました。
これは以下から。

http://sugayachigi.com/archives/1438261.html 


以上がCOVALの説明。

COVALは
Bittrexで、購入できます。

簡単にわかりやすく要点だけ書いたつもりだけどどうだろう?
あんま自信はないから
評価いただけたら幸いです!

ってことで、



4 件のコメント

  • COVAL気になってたんです。解説ありがとうございますw
    どこで買えるか書いてませんが、poloでは買えないですよねー?

  • こんばんは。
    ブログ拝見させていただきました。
    bittrexで購入を検討してますが、何年寝かせれば値上がりしそうですか?

    • こんばんは
      そればっかりはわかりませんね

      ただ、あと2年くらいは値上がりし続けると思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です