絵をイメージしながら話をしてみたら?

こんにちは

スガヤチギです



なかなか文章を面白く書くっていうのは難しいな、、、

この文章をみた時にどんな反応をしているのかわからないもんな。

そう考えると相手を目の前にして話をするっていうのは、

以外と簡単なことなんだよね。

絶対文章で楽しませるほうがむずかしいよ。

私は職業柄、話すことが多く、もともと会話が好きです。

今は話すことが得意な部類に入ります。

だいたい話うまいねー、とか

面白いっていってもらえます。
ちょっとブログと会話の違いを考えたのですが、いくつかありました。
1.間が、あるかないか
ブログで言うと改行なのかもしんないすが、基本ブログでは間は相手の想像になってしまいます。
話はこちらで、間を調節できます。
2.表情があるかないか
ブログでは発言に表情がのらない。
話は顔で表現できる
3.音が、あるかない
ブログは無音で想像の世界。
話はこちらでイメージした音をだせる
この3つがあるかないかで、難易度めちゃめちゃあがります。話は簡単だけど、
ブログまじむずい。
やりがいあるわ。
まぁ、ブログをうまく書くのはいろんな人が書いてるのでそちらを参考にしてください。
なので、わたしは話が苦手な人向きにかきます。
話が下手な人たくさいますよね。
なんでこの人話が下手、つまらないんだろうって人。

あーゆ人って、話をする時に、

頭の中で文字を作ってそれを読んでいるんですよ。

だから、つまずくし、イメージが入ってこない。

そこで月から新社会人の方や、部署が変わり新しい人間関係を作る人に教えたい話をうまくするコツを書きます。

あくまでうまく話すコツです。

おもしろいかどうかはその人のセンスによるので、それはまた次の機会に書きます。

まず先ほども書きましたが、

話が下手なひとは、頭の文字を話ているイメージです。

話がうまい人は、頭の中に絵を思い浮かべます。

で、その絵を話します。

例えば、

「ライオンの絵があります。絵について説明してください」って言われたら、詳しく説明できますよね。

たてがみあるとか、左向いてる、しっぽ短いとか。
その絵を、詳しく話してあげると、
聞き手はイメージが、どんどん、できていきます。
サバンナにいるの?草原に、いるの?
って質問されてもすぐに答えられますよね。

これを文字にかえると、

オスライオンが、振り向いてアフリカにいる。
ってだけになります。
イメージ微妙で、聞き手によって変わります。
これが話が下手な人です。
なんか、記事書いていて詳しく書きたくなってきた。
ちょっとまとまってないけど、
今度ブログで詳しく書く!
話が苦手な新社会人の皆様、ひっけんです。
ってことで

絵をイメージしながら話をしてみたら?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です