長距離バスを乗る時気をつけること

四日間発熱していたスガヤチギですhttps://twitter.com/3nengoniaimasyo

 

さて先日

ゆーけー。 a.k.a UKss

さんに会いに福島から大阪までいってまいりました。

場所は大阪。、、、、金かかるな。。

 

よし、金がないなら長距離バスや!

僕はよく福島から東京とかすぐ行くタイプなのですが、金がないのでバスを使います。

だって安いんだもん。

新幹線や飛行機と比べると4分の1の値段でいけちゃうわけで、往復換算するとだいぶ違うっす。

ただし、一個難点があるんです

11時間って時間かかりすぎだろ。。

海外旅行かよってツッコミはよく受けます。

さて、

そんな長距離バスマスターの僕がバスを予約するとき、乗る時のポイント教えときます

ではどうぞ。


 

長距離バスサイトは複数調べよ!

えー、一番最初に一番大事なこと言います

絶対にバスのサイトの比較はせよ!

試しに、今回僕が行った福島から大阪の料金を調べてみましょう

 

サイトA 最安値10,400円

 

 

 

 

サイトB 最安値 7,130円

 

 

 

 

サイトC 最安値 4,540円

 

 

はい。軽く3つ調べただけで

約6,000円の値幅が出てきます

これは、3列、4列タイプの違いがあったり、wifiのあるなしなど色々条件が変わってくるためです。

なので、長距離バスを取る際にはなるべく多くのサイトを比較して、自分のあった条件のバスを探しましょう!

一つのサイトでは勿体無い!

最低3つくらいは調べましょう!






 

相席をなるべく回避する方法はこれ

相席は席指定をして回避!

僕が使っているのはさくら観光さんで、座席指定料は200円です。他のバス会社さんもそのくらいで指定できるはず。

いや、別に席なんかどこでもいいよって思うじゃないですか?でもなるべく隣に人いないで欲しいですよね?

座席指定すると隣に人がいなくなる確率がぐーんと上がります。

乗車人数が多くなると、予約の段階で座席指定しない人から相席にさせられて行きます。

座席指定した人にはなるべく相席にならないよう組んでくれます。

 

もちろん満席みないな状況ではきびしいです。そしてガラガラで予約したいみないじゃんってこともあります。

 

でも長時間2つの席が使えるかもしれないメリットを考えたら、数百円くらい払ったほうが絶対にいいです。

たった数百円で何時間もゆとりができるのであればね!

 

予約取るなら平日。休日なら自分の懐具合と相談

やっぱり平日だとあまり長距離バス使う人少ないんですよね。

今までで平日に相席なたこと一回もないです。

ただし、週末は別!週末とかは値段も上がる上に、相席確率は高い。

なので平日行くならバスもOK。

週末なら多少割高になっても新幹線、飛行機を使うことをお勧めします。

 

 

これは用意しておきたいもの

ネックピローを用意せよ

あの飛行機で使うこれです。僕が持ってるのはこれ。

おすすめは低反発のネックピロー。エア式は持ち運びに便利ってのはあるんですけど、

長時間だと、快適さが全然違います。丸めると意外と小さくなるのです。

私は完全に低反発使っております。

バスは、背中と首が疲れる。特に首が落ち着かないのでこれあるだけで長時間が変わります。

 

ボディシートを用意せよ

夏に高校生が大量消費するこれです。

 

長時間乗ってると些細なことが不快に感じてきます。

なんか体もベタベタしてくるとすげー嫌じゃないですか、、

僕はそんなのが嫌なのでl、なす乗る時はボディシート必ず持ちます。

一回やるだけで、気分もさっぱりしてなぜか疲れも少し取れます。

 

 

一番大事なことは最初に言いました。

絶対に比較しましょう。

では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です